油断大敵!できやすい白ニキビ

 

皮脂・角質が毛穴に詰まっている状態のニキビを、白ニキビと言います。
角栓、その他の汚れが毛穴をふさいでしまっています。
 
数段階あるニキビの症状の中では、白ニキビは初期段階で症状としては軽度です。その代わり、油断をしているとすぐにできてしまうニキビです。
 
軽度のニキビなので、アクネ菌の炎症などはまだ起きておらず、痛みも伴いません。
 
白ニキビができるのは色々な原因が考えられますが、中でも食生活の乱れ、栄養の偏り、ストレス、そして肌環境の悪化などがよくある要因です。こういった要因により過剰分泌された皮脂が毛穴につまり、結果白ニキビになってしまいます。
 
ニキビ予防には清潔な肌を保つことが大切ですが、何度も洗顔を繰り返すことは逆効果です。
過剰な洗顔は肌のバリア機能を破壊してしまい、ニキビができやすくなります。肌の皮脂を洗い流すと、肌はさらに皮脂を分泌します。皮脂が増え毛穴に詰まってしまうとニキビの原因になります。
 
白ニキビを予防するためには、洗顔の習慣や方法を見直し、正しいやり方で適度に洗顔をするようにしましょう。
 
石鹸や洗顔ソープをしっかりと泡だて、泡で顔を包み込むように優しく洗いましょう。ゴシゴシこすって洗顔をすると、肌を傷つけてしまうことがあり、傷から菌が入り込むとニキビの原因になってしまいます。
 
適切な洗顔をしているのにニキビの状態が良くならないという場合には、肌の状態の問題ではなく、ストレスなどの精神的な内因性の問題が原因となっていることも考えられます。
 
 

白ニキビができたら悪化する前に対策を!

 
白ニキビは、おでこ、口の周り、顎の周りにできやすいニキビです。
白ニキビは角栓やその他の汚れが原因でできます。毎日の洗顔やお肌のケアで、汚れがきちんと落とせていないと白ニキビができやすくなります。
 
皮脂、老廃物などが毛穴の浅い部分に詰まってできるのが白ニキビです。ニキビ自体は小さいのですが、メイクをしても突起が目立ってしまう程度に、ポコっと盛り上がっています。
 
白ニキビはニキビの初期段階です。跡に残りにくく、治りやすいニキビなのですが、雑菌がさらに増えてしまうと悪化し、赤ニキビなどになり治りにくく、跡に残りやすいニキビになってしまいます。症状が軽い白ニキビのうちに、正しい対処をしケアを怠らないことが大切です。